Page 8

放課後等デイサービス”びーとる”の活動

 最近のびーとるの活動を紹介します。  梅雨の季節なので工作ではかわいいカエルを色紙で作りました。実習生のお姉さんに手伝ってもらいみんな上手にできています!  おやつ作りではフルーツ白玉を作りましたよ!手で丸めてお湯の中に入れたり、缶きりで缶詰を開け、フルーツを切ります。包丁だって使えるんです!みんなで作ったので美味し...

夏祭り、鋭意準備中!

 社会福祉法人ベテスタ こいしろの里(三重県 松阪市)は、今年も夏祭りを行います!  日時は、8月25日(土)17:30からです。随時、情報をアップロードしていきます。  利用者のみなさんも、夏祭りのために”しょんがいの花”を鋭意製作中です!

サッカー教室を開催しました!

 2018年6月13日、天気に恵まれ待ちに待ったサッカー教室を開催しました! 雨などで何度か中止になってしまったので、子ども達はとても喜んで参加されていました。  コーチが呼びかけるとみんな大きな声で返事をして一生懸命ボールにふれて楽しまれています。シュートも力強く決めることができました! 次回も楽しみですね!!  び...

知的障害を持つ高齢者の手術について

 施設に入所しているKさん(69歳・女性)は腎臓に1.4cmの○○○○があるため手術することになった。毎日職員がお見舞いに行っているので、各職員が感じたことを5回に渡って掲載してきた。  医療手術におけるインフォームドコンセント(説明と同意)については近年理解が深まってきている。当事者として本人が説明されたことを理解し...

Kさんの入院について考える

 6月2日、私は松阪中央病院に行き、Kさんの見舞いをしました。  Kさんは集中治療室にてベッドに横たわっており、口に大きな医療用機器の管を入れていた。頭にも何かを巻いていた。私が小声で呼びかけるも、特に反応はない。手を握るも特に反応はない。Kさんの目線も、私を見ているわけではなさそうだった。  そこには、こいしろの里で...

Kさん早く帰ってきてねっ!

6月3日(日)松阪中央病院に入院中のKさんのお見舞いに行ってきました。 ナースステーションを訪ねると「こちらへお回りください。」とナースステーションとつながっている集中治療室に通されました。  Kさんは呼吸器だけでなく、全身にいくつか医療用機器の管を通されベッドに横たわっていました。つい最近まで、とても元気に作業部品を...

入院したKさんの回復を願って

・Kさんの姿に衝撃を受けた  ベッドに横たわるKさんの体に、無数の医療用チューブがつながれ、口には酸素吸入のため管が挿入されており、周辺の医療器械からは電子音が鳴り続いていた。施設での日常の風景とは大きくかけ離れた光景に衝撃を受けた。  また、Kさんの命は医療器械の動作によってつながれていて、目の前のKさんは命の瀬戸際...

頑張れ!Kさん

Kさんは、すでに見舞いに行った施設の看護師より呼吸器などがつながっていることは聞いていましたが、実際に見ると、痛々しい姿でした。医療用機器の管が付いているとは言えど、喋れたりにこにこ笑って「せんせい」と呼んでくれるぐらいには回復しているものだと思っていました。集中治療室に入ってすぐのベッドに寝ていましたが、見た瞬間に「...

手術してこれでよかったのか?

Kさんの姿を見たとき驚きました。 足や手や首から沢山のチューブで繋がれており、「Kさん」と呼びかけるも返事はなく、目は開いているものの目が合うことはありませんでした。 手を握ろうとするととても冷たく、パンパンに腫れていました。手を握ると少し指先が動いて反応がありました。 いつも女性デイルームの畳の上で日向ぼっこをしてい...