福祉の現状

Category
Exemplo de consulta realizada aos residentes estrangeiros. (No1-3)

Exemplo de consulta realizada aos residentes estrang...

No Centro de Consulta e Assistência Betesta realizamos o “serviço de consulta sobre assistência social para estrangeiros” gratuitamente. Iremos apresentar exemp...
外国籍者福祉相談事業について (No1-3)

外国籍者福祉相談事業について (No1-3)

べテスタ相談支援センターは『外国籍者福祉相談事業』を無料で行っています。 最近の相談事例を紹介したり、外国籍者の方が福祉的なサービスを知らない(明らかに差別にあたります)現状などを紹介していきます。 ●Tさん(ブラジル)は統合失調症で10年前から精神科に通院していました。病状が悪くなり、一般企業に勤務することができなく...
伊勢市おひさま児童園開所記念講演会「子どもの思いを大切にした療育的関わり」

伊勢市おひさま児童園開所記念講演会「子どもの思いを大切にした療育的関わり」

 8月26日に伊勢市おひさま児童園が開所するということで、講演会を聞きに行きました。  内容は、「子どもの思いを大切にした療育的関わり」です。子どもの思いを大切にするとはどういう事なのか、療育的関わりや療育的視点を丁寧に教えていただきました。私たち支援員は利用者さんを支援していく中で、「これはこうなんだ」と固定観念があ...
家族の絆

家族の絆

 現在、当施設こいしろの里で生活されているKさん。なかなか家族が揃う機会がないKさんですが、今回、当施設に新しくできた『喫茶ぷらな』にお父様とお母様をご招待し、家族揃って食事をしていただくことが出来ました。  家族揃って顔を合わすのが久しぶりすぎて、はじめは、とても緊張されている様子でしたが、時間が経つにつれ、徐々に雰...
施設内での施錠について

施設内での施錠について

 保護者会において、『施設の施錠について』議論しました。  保護者の方から「他施設では施錠しているので施錠してほしい。突然飛び出したら危ない。」「行動の自由を奪う事になるので、施錠するべきでない。」「時と場合によって考えるべきである。」などのご意見を頂きました。    『施錠する』という行動を起こす前に、「なぜ施錠しな...
2017年度の抱負

2017年度の抱負

支援にマニュアルがあるとすれば、それは個々の障害特性からの対応を具体的に示すということになります。具体的対応は必要なことですが、なぜそれが必要となるのかという解説もあったほうがよいでしょう。しかしそうした支援を実施する前提にはさらに必要なことがあります。これはマニュアル化できる性質のことではありません。それが利用者との...